思わば思ひ > 18筆目 梨と鈴虫

梨と鈴虫

18筆目 梨と鈴虫



うちの鈴子ちゃんたちは、
大きなおなか、大きな食欲。
そして鈴夫くんたちは・・・盛栄の時も過ぎて
最近は下手すると油の切れた自転車のような声。

夏のあいだ、鈴虫たちのお食事は毎日の鰹節、
そして日替わりのナスやキャベツの芯とキュウリと・・・
インゲンも食べさせたっけ。

今日ね、うちの食卓に梨が一切れ残っとったんよ。
芳しいあま〜い匂いを漂わせながら。
尾道の北方にある世羅で獲れる
豊水梨や幸水梨はそりゃあうみゃあで。
黄金の皮に被われた果実は、
たっぷりと あま〜い汁を含んどって。

スズヤンたちも、たまには旬の甘いものも
食べたいかなって思ってね。
そう、一切れ差しいれしたのさ。

ビックリ、ビックリ。
鈴虫も嗅覚があるんじゃねえ。
竹串に刺さった梨片は一瞬のうちに黒羽の虫集り。
やっぱり、虫だって美味しいものが好きなのさね。

インゲンは不評だったんだよね。

icon
バックリンク(0) 参照(3334)